カードローンは信用情報だけで審査に通る

コメントは受け付けていません。

カードローンは信用情報だけで審査に通るものですので、必要な書類などはありません。
実際、融資につきものとなっている所得を証明する書類なども一切不要なのです。
なぜこのようになっているのかと言うと、カードローンでは安全性が初めから担保されているからです。
カードローンのような比較的少額融資のサービスには、総量規制という法的な規制が必ず適用されるようになっています。
この規制が存在するとカードローン会社も債務者も融資に関して無理な契約をしなくても済むようになりますので、安心して契約をすることができるようになっているのです。
これに加えて信用情報が存在しているのでより安全性が高まるようになっているわけです。
みずほ銀行の審査は、信用情報というのは、金融機関が共有している債務者の債務の状況の事を言います。
金融機関はお金を貸す機関ですので、お金を貸す相手はなるべく信用性のある人間に対して貸さなくてはいけません。
ですので、こう言った情報をお互いに共有することで安全性を高め、かつ審査を緩くすることに成功したのです。

コメントは受け付けていません。

刺繍に挑む!

コメントは受け付けていません。

最近図書館で、刺繍の本を借りました。
いままで手芸なんて、学校の家庭科の時間か、シャツのボタンつけぐらいしかしたことがないです。
しかし、借りたその刺繍の本に載っている作品が素晴らしすぎて、自分でもやってみたくなりました。

一番素敵で、作ってみたくなったのはイニシャル入りのハンカチです。

カリグラフィのようなアルファベットに、蔦とお花が絡んでいるデザインで、可愛さもありつつクラシック雰囲気なんです。
刺繍のハンカチなんて、なんだか恥ずかしいですが、こっそりと小さく自分の所有印があるというところがとても素敵です。

早速手芸店へ、針と刺繍糸、白い布を見に行きました。
はじめての手芸店は、あまりの広さと手芸用具の多さに圧倒されました。
刺繍針でさえ、フランス刺繍針などの種類が色々あるようで、10分位悩みましたが、結局店員さんに本を見せて、必要な道具を一緒に選んでもらいました。
刺繍糸は色にナンバーがあって、本に掲載されているナンバーをきちんと見つければ大丈夫でした。
一口に白、といっても、クリームがかったものや、シャンパンを連想させるもの、雪のように白いもの、沢山ありました。
よく刺繍で絵画を表現する作品を耳にしますが、この豊富な刺繍糸の色がそれを可能にしているのだと、
そんなことも考えてしまいました。

今はゆっくり、簡単なステッチから練習しています。

コメントは受け付けていません。